2014年11月11日

愛をうけとった日



愛をうけとった日


これ、良かったです(*^^*)


愛をうけとった日



内容も良くて、
絵もすてきです。







作者、製作者のこだわり。
芸術的な絵本なのよ♪
オススメ(*^^*)



タグ:絵本
posted by ヨシカ at 00:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | └― 映画・本・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

杉田かおるさんの本


先日、杉田かおるさんが「徹子の部屋」に出演されていました。


今までの私が抱いていたイメージは、マスコミに踊らされていたものだったという事が分かりました。


大好きなんです♪ 杉田かおるさんの、マスコミに作られたイメージが。


昔、あの杉田さんのイメージと、顔の雰囲気も含めて似ていると言われた事もあり、まんざらでも無い私。


本当の杉田さんは、普通に優しい方なのでした。がっかりは、していません。むしろ、ますます好きになったという感じです。


なぜなら、感受性や興味のあるものまで、杉田かおるさんと自分が似ている気がしてならないからです。


「徹子の部屋」で、杉田さんの書いた本の話題になり、読んで見ようと思いました。


何冊かの著書があるので、どれにしようか考えて、これに決めました!


↑ Amazonで購入できます ↑



中古しか、ありませんでした。
でも、良いです。


茅ヶ崎に住んでいらっしゃるんですね。
私も、住んでいました。
大好きな場所です。

生まれて初めて自分で借りたアパートが、茅ヶ崎駅から徒歩10分のところでした♪

杉田かおるさんは、茅ヶ崎にお母様とご主人と暮らしていて、有機栽培の畑をやっているらしいのです。


私は畑が出来るほどの土地を持っていないけど、もっと庭に出て、土と触れ合う時間を作ろうと思いました。



ところで、アマゾンでの買い物は、思い立ったらその場で注文完了できますが、今回は分けあって今日まで待つこととなりました。だって、徹子の部屋を観たのは、もう先週の事です。16日(金)だったかな。

実は、あるポイントサイトで貯めてあるポイントが、いくらかAmazonギフト券に変換できるまでになっていたのです。ポイントは、貯めても使わなくては意味が無いので、この本の購入で使おうと考えました。

ギフト券の発行申請はいたって簡単ですが、ギフト券として電子発行されるまで数日掛かるんですよね。ようやく、発行処理が完了したのは昨日。で、先ほどAmazonのマイページで、ギフト券登録も済ませたところです。

あとは、注文時にギフト券を利用するだけ!



ついでに、この本も購入してみる事にしましたよ。




随分前の本が、最近リニューアル出版されたみたいなのです。フェイスブックでも紹介されていたので、読んで見る事にしました。


Amazonギフト券があるから、一冊は無料だわ(*^^)v




posted by ヨシカ at 18:54| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | └― 映画・本・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

テルマエ・ロマエUのCFがスゴイ


遂に封切した「テルマエ・ロマエU」

kama_2014-04-26 11.20.05.jpg



kama_2014-04-26 11.20.28.jpg



kama_2014-04-26 11.20.56.jpg



kama_2014-04-26 11.21.14.jpg



kama_2014-04-26 11.21.35.jpg



kama_2014-04-26 11.21.51.jpg



kama_2014-04-26 11.22.16.jpg



kama_2014-04-26 11.22.33.jpg



kama_2014-04-26 11.22.58.jpg



kama_2014-04-26 11.23.16.jpg



kama_2014-04-26 11.23.37.jpg



これ、公開日だった4月26日(土)の朝日新聞広告。10枚の広告が、当日の新聞の中に散りばめられていました(@ @)!!
最終ページのテレビ欄でも、かなり際立つ存在です。


いくつかの広告は、企業とのコラボCMですねー。スポンサー的な役割もあるだろうし、CM料金は企業の負担も大きいんだろうなぁ。


でも、それにしたって・・・。
新聞社1社に対して、ざっと2億円前後。うちは朝日を取っているけど、当然その他の新聞会社にも広告しているわけですよね。ロードショー当日の、朝刊広告に数十億円かけるとは!翌日には、捨てられる運命の新聞広告に・・・。スゴイわ。


御見それしました。


うちでは、当日の夜にTV放送された「テルマエ・ロマエ」を、旦那さんが相変わらず爆笑しながら観ていましたf(^ ^;



posted by ヨシカ at 07:00| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | └― 映画・本・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

母が送ってくれた本は聖書通読のお共


今月は、新年度の始まりの月。
3月いっぱいで、今まで頼りにしていた聖書通読の手引き、「心のごはん」が終了になりました。


著者の工藤良一先生が、横浜井土ヶ谷教会から奄美大島へ転任する事になったからです。


私が、「心のごはん」を頼りにしているのを知っている母が、【潤った園のように】を送ってくれました。


kama_2014-03-27 16.50.22.jpg



日々の引用聖句が、「1日1章」の通読用にはなっていないのですが、デボーションの時間の助けには十分です。


今年度は、色々な事を新しい手法に切り替えてみようっと!



タグ:聖書
posted by ヨシカ at 16:01| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | └― 映画・本・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

同じかぎ針編みの本を自分にも買った


ビギナー用の、かぎ針編みの解説本です♪

kama_2014-02-23 10.50.12.jpg


この本を、仙台に住んでいる姪っ子Nに送りました。


欲しいものが無いかと尋ねたら、かぎ針編みの本と編み棒が欲しいというリクエストだったからです。


アマゾンで探して、初心者用のシンプルな解説本を探して、「はじめて編むかぎ針編み」を選択しました!


見ていたら、私も欲しくなったんですよね。


ビギナー用だから、作り方のアイテムは簡単なものばかり。


中古品を出店しているものもありましたけど、送料込で計算すると新品の送料無しと同価格。


日々パソコン作業に追われる私が、いつ編み物なんぞをできるのかは謎です。







それでも、気分転換をしようと思った時に、自宅できる楽しみは良い良い♪



ちゃんと勉強したことはないけど、小学生の頃に母に基本を教わって、中学生の頃には自前のミトンで通学したりしてました(*^^)v


自分で使えるものを作れるのって、嬉しいし楽しい。


それに、完成した時の達成感はとても充実した気持ちにさせてくれる!


手が小さいうちは、棒編みよりもかぎ針編みの方が上手にできますね。


私の手元には、本日午前中届いたけど、仙台の姪っ子には明日くらいになりそう。


アマゾンで買い物をすると、配達状況が簡単に確認出来るのは便利♪




喜んでくれるかなぁ(*^^*)



posted by ヨシカ at 18:22| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | └― 映画・本・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

ハリーポッター「謎のプリンス」をプレゼント


姪っ子と電話で話していたら、本不足との事。

タロットの魔女」と「続・タロットの魔女」を、プレゼントする約束になっています。

が、著者の長谷川洋美先生のサインを頂いてから、送ってあげる予定。



長谷川先生に会えるのは、もう少し先になりそう。



そうしたら、話の中でハリーポッターの「謎のプリンス」を読みたいと。

本屋さんに行っても、売切れで買えないんですって!







ありました!

アマゾンで、買ってあげよう♪

本が、好きなのねー。



良いコトです(*^^*)




●感想&ご紹介記事♪
----> タロットの魔女と長谷川洋美先生



posted by ヨシカ at 18:16| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | └― 映画・本・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

「ピエタ」が届きました


Amazonから、「ピエタ (ポプラ文庫 日本文学)」が届きました♪


新聞で紹介されていた、面白そうな小説です。

書店で働く人が進めたくなるという、心温まるお話のようです。

kama_2014-02-11 16.35.44.jpg


ね?
ピンクの帯に、本屋大賞第3位受賞と書いてあります。



早く読みたいけど、私の目の前には通販で届く本がラッシュ状態!(×_×;)!

この「ピエタ」が届いた同日に、「方法序説」も届きました。

そして間もなく、「続・タロットの魔女」が届くはずなのです。



うーむ。

どうやって、読書の時間を捻出しようか。

いずれにしても、まずは『続・タロットの魔女』を読みたい!!



「続・タロットの魔女」がもうすぐ届くと思うと、ドキドキしてきた(#^ ^#)



それにしても、ピンクの帯をはずしてみると、「ピエタ」の全貌はこのような感じ。

kama_2014-02-11 16.36.25.jpg


グレーな色合いのカバーなのです。

心温まる的なことが書いてあったけど、ちょっと切ない感じなのかしら。

結局、こっちも楽しみ♪



神さま、読書の時間をくださーい!




●感想&ご紹介記事♪
----> タロットの魔女と長谷川洋美先生



posted by ヨシカ at 18:50| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | └― 映画・本・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

「方法序説」が届きました


Amazonから、デカルトの方法序説 (岩波文庫)が届きました!

林修先生がオススメしているデカルトの「方法序説」



林修先生が、TV番組の中で紹介していた本です。

番組中に、即Amazonで注文をしました。



どうやら、私と同じ考えの人は大勢いるみたい。

通常よりも、納品されるのに日数が掛かりました。



かなり、楽しみです♪

ですが、最近読みたい本が他にもあり・・・。

読み終えたら、読書感想をアップします。



完読は、少し先になるかもしれませんが。



posted by ヨシカ at 15:14| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | └― 映画・本・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

ピエタ(ポプラ文庫)


ピエタ (ポプラ文庫 日本文学)という本を、購入♪



今朝の朝日新聞に掲載していた、良さげな本。

有名そうな本なのに、私の知らないお話し。







知らないことは、知りたくなります。

そして、知らないより知っている方が、人生の色々な場面の判断に役立ちます。

また、知らないことは罪、という考え方が常に私の中にあります。



知らないことは、率先して知ってみようと思っています。

私が知らないという理由で、誰かを傷つけたり、困らせたり、不快にさせることの無いように。

知ることが出来ると、結果的には自分の益にもなる♪



ピエタ (ポプラ文庫 日本文学)は、ステキな本みたい。

早く、読みたい(*^^*)



posted by ヨシカ at 13:27| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | └― 映画・本・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

デカルトの「方法序説」


先ほどTVで、林修先生が教育者として多大な影響を受けたという本を紹介していました。






さっそく、注文!
とても、奥が深そう・・・(*^^*)

もともと「方法論」という超長い論文の序説部分が、単行本になったものだそうです。

楽しみ♪



posted by ヨシカ at 23:46| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | └― 映画・本・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

「いとしの犬ハチ」は姪っ子Mへのプレゼント


・・・・。

渋谷駅のハチ公口には、忠犬ハチの銅像があります。

ハチ公と呼ばれているその銅像が、どうして出来たのか。

もちろん知っていますが、誰に聞いたのか、何かで読んだのか、どうやって自分がハチ公を知ったのかは記憶にありません。


いとしの犬ハチ 講談社



犬好きな私は、ハチ公の逸話を想うと、涙が出そうになります。

今回、とてもやわらかいタッチの絵が可愛い、「いとしの犬 ハチ」という絵本を見つけました。



年末近くになると、「生協の宅配パルシステム」のカタログに、名作絵本などが掲載されるのです。

普段のカタログよりも、この時期の掲載商品の方が、掘り出し物があります。



クリスマスやお正月などが近くなるので、子供たちのプレゼント用に購入する人が増えるのでしょう。

私は「いとしの犬 ハチ」を、姪っ子Mの5才の誕生日プレゼントに購入しました。

誕生日は、来年の2月。

まだ少し先ですが、早めに用意しておくのです。



絵本のハチ公は初めてなので、自分でも読んで見ました。

やっぱり、平常心では読めない・・・(T T)

こんなに切ないお話し、子供のプレゼントにして良いのだろうか?と、少々不安になりました。

でも、絵本の最期は暖かい終わり方になっていました。


ほっ・・・。





とりあえず、来年の2月までしまっておきましょう。




posted by ヨシカ at 07:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | └― 映画・本・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

親友Kも購入した「ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく」


ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく


あなたは、もう読みましたか?

堀江貴文さんが書いた、一番最近の本です。



かなり、私は感銘を受けました。

人生は、人それぞれです。

私(あなた)が自分の人生について、自分の頭でよくよく考えて、心を自由にして生きて行くこと。

もちろん、今置かれているという環境はあるけれど、自分の関わっている事に前向きに楽しく「ハマる」こと。

生きがいは、探し求めるものでは無くて、自分自身が係る世界の中に見出すということ。

読んで見て思ったのは、感謝の気持ち。

堀江さんがこの本を書いてくれて、良かった!

有難うございます。



で、この週末に、月に一度都内から遊びに来る、親友Kに本を紹介してみました。

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく 著:堀江貴文



Kも私の本をパラパラと開いて、気に入った様子♪

生きることと、仕事に対してマジメな私たちにはぴったりの本です。



多分はたから見れば、ふざけて面白おかしく生きているように見えるだろう、私たち。

いえいえ、私たち、かなりマジメです。



年齢を重ねて、色々な人生経験を重ねて来たからという事も、ありますね。

挫折や失敗も、人並みか、それ以上に経験しているし・・・。

でも、今の私たちは不幸ではないと、言いきれます。

それは、真剣に自分の人生に向き合えば、心の中に納得感が生まれると知っているし、そうなると平安な気持ちで毎日を過ごせることも知っているからです。



そうは言っても、堀江さんのように、端的にこのように表現できるかと言えば、かなりそれは難しいです。

だから、腹の底にストンと落ちる「ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく」を、このような形で出版して頂いて、何だか嬉しくて晴れ晴れとした気持ちです。







読んだタイミングも、とても良かった!

今日、我が家のパソコンを使って購入したKも、3日以内にはamazonから本が届くでしょう。

年末前の今の時期に読むと言うのも、良いですね。



これは、オススメ!

誰かに借りて読んでも良いけど、読んで見れば、手元に置いておきたくなる一冊なのです♪




posted by ヨシカ at 22:41| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | └― 映画・本・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

ゼロ―――読み終えました!


夕べ、本を読み終えました。



ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく



堀江貴文さんの、最新執筆本です。

私は、本を買うならアマゾンと決めているので、この本を見つけてすぐに注文しました。



Amazonで購入した本は、翌々日には届きます。

プライム会員の設定にすると、当日とか翌日に届きますが、私はそこまで急ぐ買い物をしません。

だから、通常会員のままでamazonを利用しています。



これは、本当に読んで良かったです!!

まさに、今私が読むべき本でした(*^^*)





あまりにも、私が欲しいと思う答えが、この本の中に書いてあったのです。



また、堀江さんが天才なのではなくて、人一倍の「努力家」だということ。

わたしは、ここまで努力できるだろうか?

と思いつつも、毎日「イチ」を足す努力は出来るのだと、勇気をもらいました。



そして、「人生の時間」という有限だと確実に分かっている時間。

大切に、使おうと思いました。



最近、刻一刻と過ぎる時間の速さに、自分は着いて行っているのだろうか?と、心配になります。



私自身の生活や日々は、とても平安で幸せな毎日です。

自分の信じる道を歩んでいるので、心に平安が有るのです。



ただ、今の自分は正しいのか?

この状態は正しいと言えるのか?

など、時々自分の生活を見直す時があります。




生活を見直すというよりは、生き方を見直すと言った方が近いですね。

毎日を、丁寧に正しく生きたいからです。




これまでの経験は、全て私が経験すべき大切な人生でした。

どれもこれもです。

悲しい出来事や、辛い思いも、必要だったから経験したと思っています。




「ゼロ」を読んだことで、これから先の未来の毎日は、たった今の自分の行動の積み重ねが作りだすという、当たり前のことを良く理解できました。

それは分かっていた事でもあります。

でもその毎日を過ごす時に、シンプルに物事を考える必要性など、根本的なコトがより鮮明に分かりました。




無駄な時間などない。

仕事も遊びも、すべて自分の判断で自由に配分して、自分に「イチ」を足していく。

それは、誰かのために行動することでも同じ。

自分がそうしようと思ってするのなら、自分の時間を使っているという事ですね。



とても深い内容でした。

そして、心が明るくなりました♪



堀江貴文さん、この本を書いてくださってありがとうございました!!




posted by ヨシカ at 19:06| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | └― 映画・本・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月03日

ゼロ・・・少しずつ読んでいます


第3章まで読み終えました。



『ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく』



寝る前の、楽しみにしている読書の時間。


と、言っても、毎晩ではありません。

出来れば、毎晩読みたいけど、就寝時間が遅くなった時にはガマン。



翌朝に、一日のスタート時間が遅くなるから。

だから、最近は少し早めに寝室に上がるようにしています。



寝る前の読書、楽しいです。



「ゼロ」は、堀江貴文さんの、率直な考えが理解できる本です。

私のイメージしていた以上に、生きるという事にかしこい方でした。



「お金」のために、働くのではないという考え方。

同感。



「生きがい」とか「やりがい」は、探すものでは無くて、今ある環境の中に見出すものだという考え方。

とても、同感。



読める日に、1章ずつ読んでいます。

もっと先を読みたいと思う晩もあるけど、この本は丁寧に読みたいから。



なぜなら、堀江さんが「今こそ、言葉を丁寧に使って伝えたい。」と願って、書いた本だとかいてあったからです。

それなら、一語一句を丁寧に読まないと。



今まで読んだ本の著者の気持ちが、100%自分と同じということはないです。

だって、自分とは違う人の考えから生まれたものですから。



でも、何かを伝えたいと真摯な気持ちで書かれた書物は、読む側も真摯な気持ちで丁寧に読むことで、著者の考え方や気持ちをより一層理解できると思っています。



今日は、遠方へ出かける支度もあり、読書の時間はとれないです。

明日朝未明には、東北に出掛けます。



数年振りに、足を踏み入れる仙台。

この3年間に、私には色々な事が起きました。

その途中で、3.11も起きました。



堀江貴文さんの「ゼロ」を読み進めながら、毎日を一生懸命に丁寧に生きようと、ますます考えるようになりました。




posted by ヨシカ at 00:24| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | └― 映画・本・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月25日

届きました!「ゼロ」堀江貴文


Amazonは、便利ですねー(*^^)v

早いですね!

本屋さんに行く時間と交通費を考えると、なんちゅう親切な会社なのだろうって、真剣に思ってしまいます。



興味深々な、この本が届きました♪


ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

 著:堀江貴文


kama_2013-11-25 20.20.21.jpg



まず、この題名が気に入りました!!



堀江さんは、いったい今、何をどんな風に考えているのだろう・・・。

住む世界が全く違う堀江さん。

わたしに理解できるのかな。



読んでどんな気持ちになるのか分からないけど、何となく勇気をくれそうな気がしています。



表紙に掛かっている帯には、こんな風に書いてありました。


kama_2013-11-25 20.20.55.jpg




それと・・・。

最後のページ、見ちゃったんですよね。

「あとがき」の最後のページの、たった一言のコトバ。

1ページに、そのコトバだけ。

なぜか、嬉しい気持ちになった。

変なの。



いつもなら、嬉しいなんて思うはずもないコトバです。



さっそく、今夜から読み進めよう♪







 ↑↑ クリックで購入サイトにアクセス




posted by ヨシカ at 21:55| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | └― 映画・本・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

あ、これ読みたい。「ゼロ」堀江貴文:著


また、読みたい本が出現。



かなり、興味深々です。

買って、読んで見よう♪







自分は自分らしく生きているつもりだけど、興味のある人の生き方や考え方には、とても興味がある(*^^*)



「人間」としては、みんな同じ立場。

色々な人の生き方、考え方が、時には自分にもプラスになったりするもの。

知らないよりは、知った方が良い!



だから、読んで見よう♪




posted by ヨシカ at 23:14| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | └― 映画・本・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

「赤とんぼ」を読みました!


朝日新聞の紹介記事を見て、興味があったので購入した本です。

赤とんぼ(レイコ・クルック)ディテール


新聞掲載されたせいなのか、しばらくはアマゾンでも商品切れの状態が続きました。

どうしても読んで見たかったので、毎日アマゾンの在庫チェックをしました。

入荷したのを確認出来た日には、すぐに買い物カゴへ!!



届いて開いてみた本は、細部までこだわったディテールでした。



きちんと読もう。



そう思ったら、しばらく「赤とんぼ」を読む時間が取れませんでした。

しかも、その後に読みたくなった別の本も購入し、そちらは届いて3日以内に完読。



著者のレイコ・クルックさんが、ご自身の幼少の頃を思い出しながら書いたであろう「赤とんぼ」は、しっかり読まなくてはイケナイ気がして、なかなかじっくりと読む環境に持って行けません。







先日、親友のKが遊びに来て、ふたりで読書をしました。

お互いの本を読みあったのです。



なんとなく、それがきっかけで「赤とんぼ」を読もう!という気になりました。



読んで、良かった。

子供の目線で観てきた戦争の風景が、描かれています。

それが、現実の生活だったのだと良く分かる、戦争時代に生きた子供の日々でした。



あなたにも、ぜひ読んでもらいたい一冊です。




posted by ヨシカ at 10:33| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | └― 映画・本・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

「ワーキングガール」・・・普通・・・かな。


この間の三連休に、親友Kと楽しむために購入した「ワーキングガール」。

かなり前の、映画です。

一般秘書として仕事をしている主人公の、サクセスストーリーですね。

メラニー・グリフィスという女優さんが、主人公のテス役を演じています。

印象に残ったのは、ジャック役のハリソン・フォードが超若いってことかな。

ワーキングガール DVD


ストーリーはシンプルだから分かりやすくて、良いと思うんですよね。

ただ・・・。
実際に企業の経営陣に直接要望を出してきた、Kと私の目に映るテスは・・・若すぎました。
全然ダメな映画とは思っていないけど、現実の社会で担っている業務レベルが主人公のテスよりは上だった点が、盛り上がりきれない要因だったかなぁ・・・。

まあ、私はサラリーマンでさえも無くなったコンニチ。
企業の上位ポジションに着きたいという夢が、今は無いですしね。
企業という組織には無い世界観で、この先を生きたいと思い始めているから、そりゃあサクセスストーリーは心が響かなくって当然ですね。

親友Kの感想も「・・・。」でした。

なぜこんなにも明解な主人公の成功を、スカッとした気分で見ることが出来ないのか?
逆にそういう疑問が湧いた、私たちなのでした・・・f(^ ^;

おそらく、企業に入社して3年くらいの女性が観ると、自分の人生に重ね合わせて明日からの希望に繋がる気分になるのかもしれないですね。

まあ、何事も経験。
この映画を知らないよりは、知っている方が良いわけですし。

そして、上を目指したいと願っている只中の女子なら、「ワーキングガール」で勇気と夢と希望を感じられるかもしれないです。



思えば、企業から脱却してなるべく自由に生きたいと願う私たちにとっては、観るべき映画では無かったのでした。







posted by ヨシカ at 08:00| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | └― 映画・本・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

「赤とんぼ」レイコ・クルック著


まだ読んでいないけど。

赤とんぼ(レイコ・クルック)


とても楽しみにしている本。



アマゾンで取り寄せて、ディテールをくまなく確認し、満足♪

赤とんぼ(レイコ・クルック)ディテール


表紙カバーのデザイン。


表紙の「黒」と内側の「赤」。


スピンの「青」が絶妙。


麗子さんが美しい。





あー・・・早く読みたい!

でも読むときには、心をのめり込ませる環境を作ってから。

今週のどこかで、そいう時間を作ろう♪





◎注文したときの記事はこちら
 ⇒ レイコ・クルックの「赤とんぼ」



posted by ヨシカ at 07:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | └― 映画・本・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

今週末に観るのを楽しみにしている「ワーキングガール」


今週末のために購入した、「ワーキングガール」。

ワーキングガール DVD


これを観ると、とにかく元気になれるらしい。

最近ハードな業務で疲れている、親友K。

彼女が今週末に来るから、2人で観るつもり♪



こういうアイテムは、アマゾンで低価格で購入できて嬉しい(^.^)







翌日か翌々日に届くと言うのも、気楽に注文できる理由だわ。



たまたま届いた時に、遊びに来ていた旦那さんのお友達も絶賛の映画らしい。

映画オタクの彼が、パッケージを見たとたんに「あ!これイイよね♪」とコメント。

そんなに?と、聞くと「うん。なんかスカッとする!」との事。



観ると元気が出るらしいから買ってみたと説明すると、「絶対元気になる!!」ですって。

へえ。

それは、楽しみ♪

アマゾンで取り寄せて、良かった(*^^)v



posted by ヨシカ at 07:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | └― 映画・本・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする