2014年06月13日

ミョウガが今年もわんさか取れそう!


シュルシュル、シュルシュルと、天に向かって伸びています!

私の、大好物(^_-)-☆
ミョウガです。



ミョウガは、数株だけ横須賀の実家から分けてもらいました。植えた年には、食べられるものは育ちませんでした。

ところが、翌年からは増えて増えて、実も摂れて摂れて仕方がありません。



秋に実が摂れる時期を過ぎると、一気に茎と葉が枯れて、土の上のものは全て抜いて処分します。すると翌年の初夏には新芽が出てきて、夏の間中どんどん太くなり、葉も生い茂って来ます。

空気がひんやりするくらい冷たくなる秋の中旬になると、茎の生えているそばからミョウガの実がツンツンと頭をのぞかせるんですよ(^_-)-☆

摘みとらずに放っておくと花が咲きだします。あれって、実で良いんですよね。球根の仲間?

これでもかというくらいに、見つけ次第すべて摘みとるけど、どうやら根っこで増える植物らしく、今年も凄い数のミョウガが生えて来たのです。



おっと!
ミョウガを撮影していたら、ご飯をモリモリ食べている青虫くん♪

kama_2014-05-22 15.02.02.jpg

ミョウガの手前に数本のあやめが、ツボミを付けているのですが、そのうちの1本のあやめのツボミが、青虫君のご飯になっている・・・。

kama_2014-05-22 15.02.35.jpg

この子は、普通のモンシロチョウかな。



鎌倉は、蝶の生息が多いことでも有名みたいですね。我が家のまわりでは、大量のアオスジアゲハが、ターコイズブルーのハネをチラチラさせて飛んでいます。

これが、アオスジアゲハですよ。

kama_2014-06-13.jpg

黒字にあざやかなブルーです。

初めて見た時には、あまりにキレイで、自分が夢の世界に舞い込んだのかと思いました。飛んでいる時には、たいてい複数で群れているから、余計にキレイなんです♪



と言う訳で、大量のミョウガ収穫を想像しながら、青虫君の観察に没頭する私でした!





posted by ヨシカ at 08:00| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | └― 自然・花・菜園@鎌倉ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック







×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。