2013年11月21日

鎌倉宮の紅葉を観てきました


そろそろ色付き始めた頃だろうと、鎌倉宮を観に行きました。



観に行くと言っても、我が家から徒歩4分。

穏やかな太陽の陽ざしが、ポカポカと気持ちの良いプチ散歩です。

鎌倉宮(大塔宮)の紅葉 2013年11月21日


まあまあの、色付きでした。

もう少し紅葉が進めば、本堂の後ろまでの風景に、とても奥行きが感じられるようになります。



昨年は台風の影響で潮風があたり、葉がチリチリになって紅葉できなかった楓の木。

kama_2013-11-21 11.10.44.jpg


今年は、潮風をかわせたみたい。

随分と、色付いていましたよ♪



鎌倉宮は、昔からあった大塔宮(だいとうのみや)を整備して、明治天皇が自ら「鎌倉宮」と命名したお宮さんです。

皇族の祖先である護永親王が、ここで幽閉されて打ち首にされた場所です。

天皇家には、縁のあるお宮さん。

後醍醐天皇の息子だった、護永親王はとても勇敢な方だったようです。

若くして亡くなった護永親王をお祭りして、明治天皇が再建された神社なのですね。



このあたりには、宮内庁管轄の場所や神社が多数あります。

紅葉を観てきた鎌倉宮は、「官幣中社」なので、日本国内でも相当位が高いお宮さんなのです。

kama_2013-11-21 11.14.51.jpg


鶴岡八幡宮よりもはるかに上で、全く別の格付けという事になります。



我が家は徒歩1分の「首塚」、徒歩4分の「鎌倉宮」に挟まれた位置に建っています。

犬の頭ような形に設計されている我が家は、前オーナーが、鎌倉宮で祭られている獅子をモチーフにしたんですって。

すぐ近所にある「首塚」は、鎌倉宮に幽閉されていた護永親王のお墓がある場所です。

理知光寺(りちこうじ)跡でもある「首塚」ですが、理智光寺の住僧が護永親王を埋葬したそうです。

そんな訳で、ここ「首塚」も宮内庁管轄となっています。



紅葉と言えば、我が家から歩いて10分位行くとある「瑞泉寺」はとても有名。

こちらも、天皇家には縁が有るようで、秋篠宮様は毎年「瑞泉寺」にいらっしゃるそうです。



すっかり出不精になっている私ですが、お天気の良い日に、たまには散歩に出たいですね。

週末は、天候が崩れる予報。

お天気が持ちこたえたなら、旦那さんを誘ってみようかしら。






posted by ヨシカ at 13:32| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | └― 鎌倉の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック







×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。